2022年モデル MT-10 / SPがリリースされました

ヤマハ発動機(株)から2022年モデルのMT-10及びMT-10SPが発表されました。

ヤマハのフラッグシップスーパースポーツ「YZF-R1」と基本的なコンポーネントを同じくするハイパフォーマンス・ストリートファイターです。

2022年モデルではシャーシ、エンジン共に変更が加えられベースアップが図られると共に、APSG※1を採用した電子制御スロットルや6軸IMU※2、シフトアップとシフトダウン双方に対応したクイックシフター等を新規に搭載し、ハイエンドスーパースポーツ相当の電子制御を獲得しているのが特徴です。

また、従来モデル同様にクルーズコントロールシステムを搭載しており、全車に搭載されたフルカラーTFT液晶メーターにはETCのインジケーター表示機能も新たに採用。高いスポーツ走行性能に加えてツーリングでの利便性、快適性も併せ持ったオールラウンドなモデルとなっています。

2022年モデルのMT-10はグレー、ブルー、ブラックの3色がラインナップ。

それぞれメーカー希望価格¥1,925,000(税込)で10月26日に発売予定です。

また、オーリンズ製スプールバルブ内蔵の電子制御サスペンションを標準搭載した上位モデル、MT-10SPも引き続きラインナップされます。こちらはブラック×シルバーの2トーンカラーのみのラインナップです。

MT-10SPはメーカー希望価格¥2,189,000(税込)でこちらも10月26日に発売予定となっています。

各カラーとも、予約受付を開始しています。供給台数が限られることが予想されるため、お早めにご相談頂けると幸いです。

製品についてより詳しくはヤマハ発動機製品ページをご覧ください。ご予約、ご注文をご検討の方はお気軽に当店までご連絡ください。

ヤマハ発動機ホームページ「MT-10/SP」

※1APSG(Accelerator Position Sensor Grip)

スロットルワイヤーを廃し、センサーによってアクセル開度を検知、伝達する機構

※2「IMU」(Inertial Measurement Unit)

3軸加速度センサーと3軸角速度センサーから得た情報をECUやTCSへ緻密にフィードバックすることが可能